カテゴリー:Product

  • 五月人形に、伝統工芸“江戸木目込人形”は如何ですか?

    男の子の成長を祝う、5月5日の端午の節句。 初節句を迎える男の子がいるご家庭では、そろそろ準備をされている方も多いようです。日本では男の子の節句には「武者人形」や「兜」、「鯉のぼり」などを飾り、お子様の成長や健康を…
  • 日本の伝統工芸品! 大館曲げわっぱの進化(秋田県)

    海外でも健康に良く経済的な日本の弁当文化が広がり、様々な形のお弁当箱が販売され、可愛らしいキャラクターをモチーフにしたキャラ弁を作る人も出てきましたが、日本の伝統工芸である「曲げわっぱ」にも注目が集まっています。 …
  • 日本の筆記具、筆の魅力

    日本では様々な筆記具が使われていますが、その始まりは中国から伝わった筆といわれています。筆が日本で作られるようになったのは700年代ごろといわれており、その後は日本全国に広まりながら、独自の進化を遂げていったといいます。…
  • 日本の屋根『瓦』厄除けアート 鬼瓦の魅力

    日本の建築は海外のそれとはまったく異なる形で発展し、独特の建築技法も多く生まれました。瓦屋根も日本建築の特徴の一つで、湿度が高い環境でも快適な生活を送ることが出来、台風などの悪天候によって壊れても、瓦を交換することですぐ…
  • 世界で大人気!南部鉄器の魅力(岩手県)

    世界各国で独自の工芸が作られたように、日本でも様々な工芸品が誕生しました。そのうちの一つが南部鉄器と呼ばれる、日本の岩手県で生産された鉄器です。有名なものだと急須や鉄瓶などがありますが、最近ではフライパンや鍋といった製品…
  • 硝子の伝統工芸品『江戸切子』の魅力

    日本では古くから陶器や木で作られた食器が使われていましたが、江戸時代に入ると、海外からガラス製品が大量に広まるようになります。初めは輸入品の販売が中心だったのが、職人を国内に呼び込んで技術を吸収することで、徐々に独自のガ…
  • 【自慢】持っていると人に自慢したくなる、和包丁の魅力。

    包丁自体はどこにでもありますが、日本の包丁はどこの国でも一定の評価を得ているといいます。海外の料理人からも評価される、日本の包丁の魅力を考えてみました。 歴史的背景 日本独自の包丁が使われるように…
  • 日本刀

    日本刀 玉鋼の製法

    原材料を知る事でわかる日本刀の強さの秘密 武士の魂と呼ばれ、また世界最高の刀剣とも呼ばれる日本刀。人によってその評価は様々ですが、日本人はこの日本刀製造に多くの知恵と労力を注いできたことは間違いありません。その一部を日…
  • 【Art】伝統工芸的コレクションフィギュア

    2003年、現代アート作家の村上隆のフィギュア作品「Miss KO2」が、NYのオークションで56万7500ドル(約5537万円)で落札されました。日本のコレクションフィギュアは世界的にその芸術性が認められたのだと考えら…

おすすめ記事

  1. 東京から一時間ほどで行くことができ、神社仏閣(じんじゃぶっかく)などの旧跡の他、山や海などの自然にも…
  2.  今や大人の趣味コレクションとして大人気の「こけし」。“こけ女”(こけし女子)ブームもあり、様々なこ…
  3. 北陸新幹線の開業によって東京から金沢まで最速2時間半ほどで行けるようになったことから、ますます観光地…
ページ上部へ戻る