タグ:伝統工芸

  • これだけは知っておこう!浮世絵のモノ・コト・ヒト

    浮世絵とは? 平安時代「うき世」という言葉は平安時代には「憂き世」と表され、つらく苦しい世の中、はかない世の中といった意味がありました。それから時代が流れ、平和な江戸時代になると人々も楽観的になり、「世の中浮かれて暮ら…
  • カイセキ料理?会席料理と懐石料理は違います!

    日本語には同じ音で違う意味を持つ言葉がいくつもありますが、その中で「カイセキ料理」があります。カイセキ料理には会席料理と懐石料理の二種類があり、それぞれまったく違う料理を指すのですが、会席料理はお酒の席、懐石料理はお茶の…
  • 日本の伝統芸能「能・狂言・歌舞伎」

    日本の伝統文化は色々ありますが、島国ということもあって、その多くは外部からの文化を一切吸収しないまま独自の成長を遂げています。演劇に関しても同様で、昔ながらの様式で演目を行う能や狂言、歌舞伎といった演目は、他国では見られ…
  • 日本の筆記具、筆の魅力

    日本では様々な筆記具が使われていますが、その始まりは中国から伝わった筆といわれています。筆が日本で作られるようになったのは700年代ごろといわれており、その後は日本全国に広まりながら、独自の進化を遂げていったといいます。…
  • 日本の屋根『瓦』厄除けアート 鬼瓦の魅力

    日本の建築は海外のそれとはまったく異なる形で発展し、独特の建築技法も多く生まれました。瓦屋根も日本建築の特徴の一つで、湿度が高い環境でも快適な生活を送ることが出来、台風などの悪天候によって壊れても、瓦を交換することですぐ…
  • ”出汁(だし)”は日本料理の原点

    最近食されることが多くなってきた日本料理において、だしの存在は非常に重要な存在といわれています。日本料理は素材の味を味わう淡白なものが多く、だしの有無や種類によって味わいが大きく変化します。そのためだしの種類や出し方など…
  • 『串打ち三年、焼一生』焼鳥職人の世界

    近年日本料理が世界各国で食べられるようになり、日本料理のレストランなども開業するようになりました。そんな日本料理の中でも、新たに人気を集めているのが焼き鳥と呼ばれる料理です。日本料理というと魚料理をイメージすることが多い…
  • 日本茶の7つの効能

    世界中で飲まれているお茶ですが、その飲み方は国ごとに異なります。日本では茶葉をほぼそのままの状態で乾燥させる日本茶や緑茶と呼ばれる茶を飲むことが多く、古くから親しまれています。海外でも日本茶を好んで飲む方が増えてきていま…
  • 一度は生で見たい!大相撲観戦の楽しみ方

    日本の武道の中でも特に古い歴史を持つといわれる相撲は、海外選手も輩出されるなど、今では日本だけの競技とは言えない知名度を持つようになりました。そのため日本旅行の際は相撲を観戦したいという方も増えてきているのですが、相撲観…
  • 必ず行くべき祭り!さっぽろ雪まつり(北海道)

    日本には様々なお祭りがありますが、地域ごとに祭りの形態はまったく異なり、有名なお祭りになると、他の地域からも大勢の観光客が訪れます。北海道にも有名なお祭りがいくつかありますが、全国的に有名なお祭りとなると、さっぽろ雪まつ…

おすすめ記事

  1. 東京から一時間ほどで行くことができ、神社仏閣(じんじゃぶっかく)などの旧跡の他、山や海などの自然にも…
  2.  今や大人の趣味コレクションとして大人気の「こけし」。“こけ女”(こけし女子)ブームもあり、様々なこ…
  3. 北陸新幹線の開業によって東京から金沢まで最速2時間半ほどで行けるようになったことから、ますます観光地…
ページ上部へ戻る